今日のワルツのレッスン2012/02/23 15:59

今日のワルツのレッスンは下記の通りです。

1.ターニングロックの左足を確実に交差させる。

2.シャッセでは右肩をやや低くするようにして踊 る。

3.ホバクロスは出来るだけ右角で行うようにする。

4.チェックドウィーブの後のシャッセの右足はヒールからトーへとステップし大きくなるようにする。

5.ロンデの左足の交差は小さめにする。

6.トラベリングコントラチェックでは左肩を上げてステップする。

7.オープンナチュラルでは右足を交差するのではなく、右の方へステップし、両足で回転するようにする。

8.ウィーブフロムPPでは、まず、ウィーブの方向を明確にしておき、PPでは右足のトーで大きく回転してボデイーも回転させる。

9.スピン、スピンでは右ももをパートナーと付けたまま踊るようにする。







今年のワルツのルーテン2012/02/13 12:22

今年のワルツのルーテンはもう半分以上出来て来ていますので、難しいですが、出来るだけ早目に覚えるようにして、今年は余裕を持って踊れるようにしたいものですね。

新しいステップは難しいですね2012/02/07 12:38

今年はワルツのレッスンを受けていますが、やはり新しいステップは難しいので、覚えるまで、ちょっと大変ですね。

久し振りのカキコ2012/01/19 15:48

このカキコ1年振りですね。
昨年は12月にタンゴのデモを行い、今年はワルツの予定でレッスンをしています。
昨日がカップルレッスンで、今日は個人レッスンでした。

今日のタンゴのレッスン2011/01/27 15:43

今日のタンゴのレッスンは下記のような指導があった。

1.前進する時はヒールから出るようにする。

2.ロンデは足を大きく回すようにする。

3.セームフートではボデイー、足共に右を向くようにする。

4.スイーブルでは体重を前と後ろの足に完全に乗せるようにする。

5.ファラーウェイリバースの前のオープンプロムナードでは右足を左足より大きく前に出すようにする。

今日のレッスン2010/10/14 15:48

今日のスローのレッスンは下記の通り。

1.ルドルフの時に顔を左手の方を向くようにする。

今日のチャチャチャチャのレッスンは下記のような指導があった。

1.パートナーと結ぶ手の高さは腰の辺りとする。

2.スプリットキュウバンブレークの時に向かい合った時には両手をつなぐようにする。

3.トップのチャチャが早すぎるので、ゆっくりにする。

4.アレマーナからハンドツーハンドに移行する時に左手を下げすぎないようにする。

昨日のスローのレッスン2010/06/11 12:17

昨日のスローのレッスンは下記のような指導があった。

1.イントロでは両手はやや低めにして回転するときには、大きく上にあげるようにする。

2.キックの前のファラーウェイリバースはやや大きく左回転させてスタジオの中心を向くようにする。

3.その後のキックの前は左足をちょっと緩める。

4.セームフートでは一度両足を揃え、その後に右足をを右に開くようにして曲げる。

5.タンブルターンの後のスローアウェイに入る前は右ボデイーを上げ、スローアウェイの時には逆に左ボデイーを上げるようにする。

6.アウトサイドスピンでは左ボデイーをしっかりとさせて、左を向いて回転する。

7.ファラーウェウィリバースの時に交差させる左足は大きく交差させる。

7.ハイホバーの後には”1”、”2”、”3”、”4”と数え、最初に左ボデイーを伸ばしてから、”4”でハイホバーアウトサイドウオークに入る。

今日のスローのレッスン2010/04/15 15:51

今日のスローのレッスンは下記のような指導があった。

1.キックの前のファラーウェイリバースはやや大きく左回転させる。

2.セームフートで”スロー”、”ト”を2回行う。

3.スローアウェイの後のキックの時にはボデイーを大きく右回転させ、エロスラインでは逆に右ボデイーで止めるようにする。

4.スィーブルではボデイーを先に大きく右回転させた後に左足をバックさせる。

5.トラベリングコントラチェックでは逆に早めにボデイーを回転させ前に出してから、左足を前に出すようにする。

<

昨日初めてのまみ先生の個人レッスン2010/01/22 15:35

昨日初めてのプロA級のまみ先生の個人レッスンを受けたが、本当に良いレッスンであったと思う。これからが楽しみですね。"

今日のスローのレッスン2009/12/17 18:05

今日のスローのレッスンは下記のような指導があった。

1.ラウンジに入る前にボデイーを先に回転させ、戻るときには左足をやや前に出すようにする。

2.ファラーアウェイリバースの入り口は左足をやや左前に出すと同時にボデイーも早めに回転させるようにする。

3.インピタースターンの後のスローはゆっくりステップする。

4.スローアウェイの前のステップでは左足を大きくバックさせておくようにする。